家のネット回線の選び方 マジMAX

先に「欠点・弱点・注意点」をちゃんと教える、新しい引っ越し先でのインターネット回線選びの裏メモ帳

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
02

1.事前確認|自宅インターネットの準備 2.インターネット回線の選び方(光回線・CATV・WiFi) 3.おすすめ光回線・WiFiの契約手順

「インターネット無料(完備)」の賃貸物件は実は損するという話



internet-muryou.jpg

<前記事>

引越し先のインターネット環境の罠

事前確認|自宅インターネットの準備



引っ越し先のマンション・アパートの物件探しで
「インターネット無料」
「インターネット完備」
という項目があることが決め手の1つとして多くの人が賃貸物件を選ぼうとしがちです。

しかし、
インターネット環境にそこそこ詳しい人間からすると実は、
「インターネット無料」「インターネット完備」という物件はできれば避けたい。いらない項目なのです。


その理由は、

「そのインターネットは遅くて使いづらい
「毎月 をする」
「他の光回線を入れられない


この3つの可能性が高いからです。


「もうすでにインターネット完備物件を契約してしまった!3つ全て当てはまる!」という人には、
ドコモのhome5Gというホームルーターをおすすめしています。

» 【ドコモhome5G】知っておくデメリット&上手な申込み手順

とりあえずこのドコモhome5Gでほとんどの場合、家のネット回線は確保できます。
通常の光回線よりちょっと高くはなりますがネット難民になることを回避できます。




「インターネット無料(完備)」は遅くて使いづらい


もちろん全てではないですが、

100%ではないですが、マンション・アパートなどの集合住宅でインターネット設備が最初からその建物に付いている場合、そのインターネットは遅くて使いづらい。
つまりハズレなことが多い。


マンション・アパートに最初から付いているインターネットといえば大手だと
  • UCOM光 レジデンシャル
  • jcom
  • ソフトバンク光
  • レオネット(レオパレスのWi-Fi)

だいたいこれらでしょうか。

これら、おおむね評判が悪いです。


「インターネット無料」大手の主な悪い評判



<UCOM光 レジデンシャル>

"最近、夜のネット回線速度があまりにもひどい。
マンション全体で契約しているUCOMだから変更もできないし、どうすればいいんだろ……。"
https://twitter.com/chaki6/status/1591762988423610371


"金土と続けてUCOM光が繋がらねえ…
マンション全体でこのクソ回線使ってるから住民皆WiFi繋がってないはず。うちだけまともな所に変える工事は出来ないし、マンション管理してる自治体に文句言っても問題ないから変えんとか言われたし、Air借りても回線速度うんち。
参った"
https://twitter.com/nantokadragons/status/1528038558203662336


"過去に契約してたNTTさんないしプロパイダは1~2週間程度で調べて解消に向けたアナウンスをするのにUCOMはどんだけ遅いんだと。
マンション一括契約だから仕方なく使ってるけどマジでひどいので、今後転居先で「UCOMが入ってます」って書かれてたら別の回線を引きなおすのが吉。"
https://twitter.com/HS_ZEDD__AION/status/1493079814663991298


"マンションに最初から導入されてるUCOM光のスピードテスト。一部屋に1Gではなく全戸で1G。いや、ありえないでしょ。提案する方もおかしいし、受け入れてる不動産会社もおかしい。あっ、動画なんて見れませんよ。3秒に1回止まります。"
https://twitter.com/torutorufromjap/status/1224651841536851970


"勘弁してくれUCOM光レジデンス
ずっとインターネットにつながらないじゃないか"
https://twitter.com/Akidsuki72/status/1225382669120229376





<jcom>

"J-COMの回線、管理費に組み込まれて無料で使えるけど、こうも切れられたんじゃ話にならん。
以前、モデム変えてもらったのに大きな改善も見られず、我慢して使い続けたけど、もう他の回線引っ張るか。"
https://twitter.com/kitarooon/status/1642093337967747072


"朝から家のWi-Fi全く繋がらないんだが?まじでjcom仕事してる?もう解約するか悩むレベル"
https://twitter.com/3917ju/status/1623224193407135745


"jcom障害週の3日は数時間使用不可になるし、こんなんが大手を振って商売してるのおかしいやろ。仕事できんわ。通しで疎通確認のキャプチャとって送りつけたろうかな"
https://twitter.com/sakura3ochi/status/1639453559963136000


"久しぶりに声を大にして言わせていただきますが…jcomのネットマジでくそすぎるーーーぅぅぅぅ!
動画まともに見れんとかどゆこと??スプラもおっそくなるのマジでもう…"
https://twitter.com/yukio_beer/status/1639919094085582850


"今日も安定でJcomがおかしい。マンションについてる無料のやから私はまだ我慢できるけどお金払ってる人はこれはブチギレるよな。だってそのへんのフリーWi-Fiと変わらんような状態やもんwwなんならUQの省エネモード4Gに負ける。Jcom大丈夫?"
https://twitter.com/_oaisandayo/status/1638868797116547082


このようにネット環境がハズレの割合も高いです。


他、ソフトバンク光の場合は、
「マンション・アパート全体で契約しているタイプ」と「個人で契約しているタイプ」などで状況も評判も大きく変わってしまうのでソフトバンク光だから他よりも遅いと一概には言えません。

もちろん、マンション完備タイプ(建物一括契約タイプ)だと遅くなりやすいです。


レオネットに関しては、
レオパレス自体がまるごとアレなのでもちろんネット環境もアレです。



なぜ「インターネット無料(完備)」は遅いのか


遅い理由の一番は、
「混雑するから」です。

マンション・アパートで「インターネット無料」「インターネット完備」ということは、その建物全体で契約している場合がほとんどです。

つまりその建物の住人全員がその同じネット回線を使える。
使う人数が多い、または使うデータ量が多いとその分ネット回線が混雑して遅くなります。

だから、
「インターネット無料」「インターネット完備」のネット環境は遅くて使いづらくなりがちなのです。



2番目の理由は、
「安い回線にしてしまいがち」だから。

例えばあなたが賃貸マンションのオーナー(大家さん)だとします。

部屋をすぐに貸したいから、物件のアピールポイントとして設備に「インターネット無料」「インターネット完備」という項目を追加したい。

プランA:1部屋あたり月1000円のネット回線
プランB:1部屋あたり月4000円のネット回線

どっちを選んでも「インターネット無料」「インターネット完備」というアピールができます。

どっちを入れますか?

1000円のネット回線入れちゃいますよね。

つまり、安い回線を入れるから「遅くなりがち」「切れがち」の状況になってしまいます。



3番目の理由は、
「サービスの向上を考えなくてもいい環境」だから。

今度は、ネット回線業者側の立場にたって考えてみてください。

建物まるごと一棟を契約してしまえば、それを解約するときには建物の全ての住人の同意確認などをしなければいけないことが多いので、簡単には解約されないということもあり、本気でネット環境を改善しようという行動につながりにくい。
つまり、
どうせ解約できないだろうと業者が「なめている」という状況もあるかと思われます。




ということで、賃貸で
完全に一戸建て(一軒家)の物件なら設備が「インターネット完備」でも特には気にしなくていいですが、
集合住宅(マンションやアパート)で「インターネット無料」「インターネット完備」は遅くなりやすいのでおすすめしないということです。





「インターネット無料(完備)」は損をする


次は、「インターネット無料」「インターネット完備」は損をするという話。

「なんで?インターネットが無料で付いてるんだから別に損はしないんじゃないの?」
と純粋ピュアな人はそう思うかもしれませんが、

『タダなわけがないでしょう』

賃貸で部屋を貸しているのだから当然『商売』です。

部屋の持ち主(オーナー・大家さん)は、
部屋・建物の設備が老朽化や壊れたら直すお金が必要になります。

誰も入居しなくても税金・ローンの支払いが毎年発生します。

もし、ハズレな入居者と契約してしまったら
何ヶ月も家賃滞納された末に部屋をゴミ屋敷にされ夜逃げされて家賃は回収できず、さらに部屋の清掃に10万円以上の出費なんてこともありえるわけです。


そんな中でインターネットの料金はサービスで大家さんがポケットマネーで出してくれてる
『そんなわけないでしょう』

ちゃんと、「家賃」もしくは「管理費」の中にインターネットの料金は入ってます。


だいたいインターネット無料設備の相場はこれ!とは言い切れないのですが、おおよそで1部屋あたり月1000円〜4000円の間くらいです。
本来、個人で契約した場合4000円以上するのがまとめて契約することで安くなるわけです。
(そのかわり安いということはその分遅くなるというデメリットにつながるわけですが。)


毎月1000円〜4000円の出費が続く


最初からインターネット料金が毎月の家賃または管理費に含まれているわけです。
だから
そのインターネットが遅くて使い物にならなくてほとんど使わなくても
部屋を解約して出て行くまで「部屋のインターネット料金は毎月ずっと家賃の一部として支払い続けることになる」のです。


「部屋のインターネット使わないから家賃安くして」は通用するのか?


オーナー(大家さん)がよっぽどお人好しでない限りまず無理でしょう。

一応、個別に解約できるところもあるようですが、たしかちょうど解約ができる月が2年のうちで1回だけあるのでちょうどその月だと解約できるが、偶然その月でないと解約できないといったなかなか難しいものです。


なぜ、「インターネット無料」「インターネット完備」というものを用意したのか?

それは、もちろん入居希望者を増やすためのアピールポイントになるからです。
しかし、それはあくまでもオプション(おまけ)です。

だから賃貸の契約をしてしまえば、そのネットが遅かろうが速かろうがもう契約しているのでオーナー(大家)からすれば住んでる人の不満があろうとどうでもいいことなのです。

電気や水道と違ってネットは家に付いてなくても最悪、生活に支障はないので。

「インターネット無料」「インターネット完備」の部屋。

そう、一切ウソはついていません。


遅くても速くてもネット設備はちゃんとあります。ほとんど使い物にならなくても使えることは事実です。
契約の条件は満たしています。


どうしても入居者が我慢できないといった不満を言っているなら
「自分で別のネット回線を契約して建物に引き込んでもいい」という許可を出すだけです。
建物に追加でネット回線を入れてはいけない建物なら
「ホームルーターとかモバイルWiFiとかをご自身で契約すればいいのでは?」となります。


もちろん家賃は下げません。
家のネットを使う・使わないに関係無く建物まるごとで契約しているので料金はどちらにしても発生し続けるのです。個別で解約はまずしません。


不満があるなら「自分で追加で月4000円〜6000円のネット回線を契約してください。」となります。
スマホだけしか持ってないなら「スマホのプランを容量無制限プランに変えればいいだけの話では?」となります。
それで終わりです。



だから、もし「インターネット無料」「インターネット完備」でネットスピードが遅かった場合、不満があって使わなくなっても、別のインターネット回線を契約したとしても
見えていないだけで「使ってもいないネット料金を毎月1000円〜4000円払い続けている」
ということになります。




インターネット無料(完備)は、「他のネット回線導入不可」が多い


全てではないですが、インターネット無料・インターネット完備の物件は、他の光回線を入れるのを禁止にしているところも多いです。

理由は色々ですが、

マンション内共用部(MDF室とか・IDFとか・EPS室とか)で、もう新しく光回線を入れられる余地がない(余裕がない)とか、
光回線の工事をするとなると場合によっては建物の壁に穴をあける作業が発生することもあるので、「勝手に建物の壁に穴を開けられるのは許可できない」などの理由から拒否する事が多いです。

壁に穴をあけるというのは必ずではないので、工事業者に穴開け禁止を事前に伝えてそれでも光回線を入れられるかを確認すればいいので、大家さんや管理会社に交渉の余地がありますが、

マンション内共用部がもう新しく光回線を入れる余地がないとそもそも無理なので、自宅のネット回線は強制的にすでに入っているネット回線のみになります。

だから、そのネット回線が遅くて使い物にならないものだとネット難民一歩手前です。


ただ、家に光回線を入れられなくても、家に新しいインターネットを入れる方法はまだあります。

それはドコモのhome5Gというホームルーターです。
» 【ドコモhome5G】知っておくデメリット&上手な申込み手順

これはわざわざ工事しなくてもコンセントに挿すだけでインターネット使い放題です。

一般の光回線よりも10%くらい高い月額料金になりますが、家に備え付けのネット回線では我慢できないという人で、さらに建物に光回線は入れられないという状況の人にはおそらく最良の選択肢です。




以上の理由から
インターネット無料・インターネット完備物件はできれば、やめたほうがいいという結論です。


簡単にまとめると、インターネット無料・インターネット完備物件は、
・ネットが遅くて使いづらい状況になりがち。
・毎月1000円から4000円の間くらいを強制的に支払い続けることになる。
・自分で光回線を選べない・追加できない場合も多いので自由度が低く不便。

ということになります。



だったら、最初っからそんなオプション付いていない部屋を選んで自分でネット回線を選んで契約した方がいい。
となるわけです。


これが、インターネット環境を重視する人があえて「インターネット無料」「インターネット完備」を物件探しの決め手の一つにしない理由です。


もちろん全てのケースにおいて遅いわけではなく、「インターネット無料」「インターネット完備」でもちゃんと快適で速いところはたくさんあります。

建物の住人が全体的にあまり部屋のネットを使わないかヘビーユーザーがいなければ混雑しないのでそういう状態が続くなら当然快適に使えるわけです。




じゃあ、物件の「設備」情報どんなのが正解?


インターネット環境、物件情報に何と書いてあればいいのか?


いまのところ一番の正解は、不動産屋からその物件のオーナー(大家さん)や管理会社にちゃんと確認することですが、

建物までは光ファイバー(光回線)が通っている状態がいい物件です。

例えば、物件の設備情報に
  • 光ファイバー
  • 光回線 対応
  • 光回線 設備あり

みたいなのが書いてあればとりあえず良い物件です。

重要なのは、
「自分で光回線を契約して入れられる物件なのかどうか」
を確認することです。


さらにもっと極めるなら


ここからまたさらに確認することがあります。
「建物のの回線はどうなっているのか?」です。

「建物まで」は、光回線ですが「建物の中から部屋まで」は光回線ではないことも多いです。

ざっくり3つのタイプがあります。
「VDSL・LAN・光配線」
この3つです。

もちろん光配線が一番良くて、その次がLAN、その次がVDSL。

これは、さすがに物件情報に載っていることはまず無いはずなので、
その物件の大家さんや管理会社に確認しないと分かりません。

「建物から各部屋へのインターネット配線はVDSL・LAN・光配線のどれになってますか?」
と聞けばいいと思います。

「何を言っているのかよく分からない」と返答が来た場合は、
光配線の場合は、部屋の中に光コンセントというものが普通のコンセントの近くとかに付いています。
分かりやすく「光」と書いていたり、小さい文字で「光コンセント」と書いてあるのでそれがあるのなら
建物から各部屋へのインターネット配線は、光配線でしょう。

部屋を見て確認してもらえば分かります。


建物が光回線で部屋までの配線も光配線・光コンセントなら一番速くて快適なネット環境になります。
(※光コンセントが無いからといって光配線ではないとは限りません。)



しかし、
みんなが他の条件もよくてさらにインターネット環境も良い物件を選べるとは限りません。
設備の欄をみてもインターネット環境に関して何も書いていないところも多いです。


気になる物件はインターネット環境を確認しておくのが最善


不動産屋経由で、その物件の「オーナー(大家さん)」か、「管理会社」に

「契約したら部屋に自分で選んだ光回線を入れるかもしれないのですが、自分で光回線を導入しても大丈夫な物件ですか?
フレッツ光系とか、auひかりとか、NURO光など。」

と聞いておけばいいです。


そうすれば、返答として

「大丈夫です。個人で光回線契約して問題ありません。」
とか

「この物件はすでに◯◯光が建物に導入済みであとは◯◯光に契約すれば使えるようになる状態ですが、他の光回線を入れても大丈夫です。」
とか

「この物件はもうすでに◯◯光に限定しているので他の光回線を入れることは難しいです」
とか

はっきり確認ができるので、
その物件の「オーナー(大家さん)」か、「管理会社」
「とっとと聞く(確認する)」
が最善です。

不動産屋に聞いてその場で確認するのではなく不動産屋経由で、管理会社か、オーナー(大家さん)にちゃんと確認します。

※不動産屋は手元にない情報を答える時、結構適当に答えることがあるので物件の持ち主か管理者にちゃんと確認するわけです。









一番下にコメント欄があります。
【コメントいただけるとありがたいです。】
「ここが結構参考になった・役に立った・助かった」
とか、
「実際にやってみたけど意外とここの部分が大事なのにそのことはこの記事に書かれていなかった」
とか、
「ここの情報、もう変わっていて今だと間違ってる情報になってますよ」など
気軽にコメントしていってくれると後から見に来た人の参考になるのでありがたいです。
(※コメントを書くときにはメールアドレスなどの個人情報は入力しないでください。情報構築上、読者の混乱をきたしかねないコメントや社会通念上問題のあるコメントは独自の基準で勝手に非開示にすることが多々あります。あらかじめご了承ください。)

関連記事
スポンサーサイト





テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ


コメント一覧

コメントを書く


内容

(※パスワードは自分のコメントを後から修正したり非公開にする時に必要)

【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順
» auひかり|契約前に知るべき基本とデメリット&お得な申込み手順

» auひかり代理店NNCの評判・注意点と申し込み手順


ランキング
調整中
RSSリンク
にほんブログ村 ネットブログへ

家のネット回線の選び方 マジMAX(概要):
引っ越し先・新居のインターネット回線はどうする?問題。結構複雑で一から調べて選ぶのはめちゃくちゃ大変で、選択肢も多く、罠も多めで、失敗すると結構大変だったりするので、見ながらまったり1日2日ですぐ決断・実践できるようにまとめたネット回線業者側の内情にも切り込んだ裏メモ帳(ブログ)。

» お問合せ:広告掲載のご依頼について


ねもと隊長

運営者情報

運営者プロフィール:ねもと隊長
少々、ネット回線業界と裏でつながってるオッポサムの化身。

生態:小カテゴリー情報の巣作り(情報リフォーム&ハック行動)をする習性がある。理不尽なアルゴリズムの氾濫のせいでせっかく作った巣をよく流されている。

名前遍歴:
ねもと隊長→ねもちー隊長→ねもちぃ隊長→ちぃねも隊長←実はいまここ

悩み:抜け毛がひどい


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。