メモゴト・プレス

データ屋のイワトが気になるものを分かりやすくしてメモしておく「分かるブログ」

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11

反応が悪いスマホペン(100均タッチペン)を使えるようにする方法
意外と知らない楽天や楽天トラベルでさらにもうちょい安く買える方法
【賢い引越し術】引っ越し先のインターネットの失敗しない選び方
macで使ってはいけない動画プレイヤー3つとおすすめ動画プレイヤー2つ
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

アドビ、Adobe CC価格を値上げするってよ!その前に賢く購入しよう



アドビ価格について

Adobe(アドビ)が公式ブログにて「Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)」とその他ソフト群の価格改定を発表しました。

「Adobe Creative Cloud」
(最強のクリエイティブソフト・アプリが全て使い放題サービス)

「Adobe Document Cloud」
(PDF書類・電子書類の作成編集ソフト・アプリが使えるサービス)

「Adobe Captivate」
(何これ)

の価格を2019年 2⽉初旬あたりに改定をするらしいです。
つまり一般的に知られているアドビソフト群ほぼ全部ですね。
※「Adobe Captivate」はネット上での学習コンテンツを作るソフト群のようです。学校の先生とか塾の先生に魅力的なものなのかな?

価格改定に関するお知らせ:Adobe Blog

なので、将来買うかもしれないという人は早めに買いだめしておいたほうがいいかもしれません。

学生なら学割価格で1年間ライセンスが2万4,000円で買える
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド) |学生・教職員個人版
学生版は36ヶ月分(3年分)まで買えるのでお金があるという人は買いだめしておくのをおすすめします。
3年で6万8,000円です。まとめ買いならさらに4000円くらい安い。


学生じゃなくて一般の人なら定価6万円では買わずにアドビスクールパートナー経由で約3万円で購入できます。
デメリットも面倒くささもありません。詳しくは、
» Adobe Creative Cloud 12ヶ月版を超お得価格で安く購入する方法


ただ、今回の価格改定に関してですが個別のソフト1個1個の値段がどうなるかは分かりません。
要するにソフト一つ一つではなくパッケージ(全部入り)の価格が改定されるとあるので。


それと、2019年 2⽉初旬に
「価格改定」と発表しているので「値上げ」するとは確定していないようです。
価格が変わるという発表なのでもしかしたら「値下げ」になるのかもしれません。

しかし、発表を簡単に説明すると
「アドビの AI 技術、超すごいでしょ!」
「AR(拡張現実)分野でもすごいの出します」
「iPadでの使いやすさハンパないでしょ!」
「フォントのライセンスの自由度もさらに拡大!」
的なことを言ってるので、これでさらに値下げという可能性はちょっと低いのかなと思います。(値下げしたらかなりすごいですけど。)

実際にアドビのAI技術すごいですからね。





https://youtu.be/wyGtIa-LKqw

動画を見ればわかるように
最初にやりたい事を提示することで、残りはAIがクセやパターンを学習して自動的にやってくれる。

一つ一つを地道に作業してきた人達からすると魔法のような技術ですよ。


動画で撮影してその中にいらない人が入ってしまっていた時に後から手軽にその人が存在しなかったかのように消せたりします。

いまいち分からないという人には、写真で例えると分かりやすいですが、
印刷した写真から写っている人をくり抜くとそのくり抜いた部分は穴になりますよね?

それがまわりの景色からアドビのソフトが自動で解析して、人がいた部分を後ろの背景を自動で作って埋めてくれる感じです。

これが動画なら1秒間に24枚の画像が流れているのでたった1秒の動画だけでも24枚の画像を一つ一つ修正していく必要があって、ものすごく地道で大変な作業でしたが、それをコンピューター(Adobeのソフトウェア)が自動でやってくれるわけです。



ということで、
さすが世界中のプロ達が愛用するクリエイティブソフト!超高性能ツール!といったところですが、

そのAdobeのソフト群が
「値上げするかもしれない!」
となると、値上げする前に買っておかねば!(できるなら買いだめしておきたい)
もしかしたら値下げなんてウルトラCの発表するかもしれませんけど。

ということで、安く購入しましょう。

値上げ前にAdobe CC(アドビ クラウド)をさらに半額以下で購入する方法



現在(2018年12月時点)、Adobe CC(アドビ クラウド)は年間ライセンスで6万円ですが、
学生なら約2万4000円

» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド) |学生・教職員個人版

値段が高くなるなら3年分買いだめしておくのもいいです。
3年分だと約6万8000円
1年分で計算すると、約2万2700円
少し安くなります。


一般の人だとそのまま定価の6万円なのですが、
アドビ公認の裏技のようなものがあって半額の3万円ほどで買えます。

詳しくは、
» Adobe Creative Cloud 12ヶ月版を超お得価格で安く購入する方法



おそらく価格改定は「値上げ」だと思うのでAdobe CCを購入する予定の人は早めに買っておいたほうがよいかもしれません。

2019年1月9日にサブスクリプション契約者には新規価格をお知らせするということで情報が1ヶ月ほど先に出ることになるのでやっぱり「値下げ」の可能性は低いと思います。

だって値下げだったら値下げまでの1ヶ月間、それ知ってる人は買わないじゃないですか。そんなことしたら1ヶ月待つでしょうし。


値上げしてほしくないですね。






関連記事


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body

amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏技の数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


ランキング
調整中
RSSリンク
にほんブログ村 ネットブログへ

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。

運営者情報


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


運営者プロフィール:イワト調査員
元デザイナー。現在、データストラテジスト(通称:データ屋)。

元々はCG・VFX関連映像畑出身。大手企業のインハウスデザイナーを経て、成行きで広告デザイン関連のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)になり日本トップを維持してきたが、超えるべき上がいなくて飽きたのとそもそも賞金額が少なかったので馬鹿馬鹿しくなり賞金稼ぎを辞め、現在はそのスキルを自分のために使ってまったりお仕事をしている。
経歴が中二病みたいなのが悩み。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。