メモゴト・プレス

データ屋が厳選してお届けするゆるふわ情報セレクトブログ(特に光回線系は強め)

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

反応が悪いスマホペン(100均タッチペン)を使えるようにする方法
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引っ越し先のインターネットの失敗しない選び方
macで使ってはいけない動画プレイヤー3つとおすすめ動画プレイヤー2つ
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

【ドコモ光】1番得なGMOでの始め方|注意点と申し込み・契約の手順



速度の評判が良いGMOドコモ光

ドコモ光を申し込む時に失敗しないため・損しないために知っておくべき注意点「申し込み・契約」の手順を分かりやすく説明しておきます。


ドコモ光を申し込む時には最初に「プロバイダ」を選ぶ必要がありますが、ここではたくさんあるプロバイダーの中で一番得な「GMO」での始め方・申し込み方を解説しておきます。

なぜ、GMOが一番良いのかを確認したい方はこちらで。
【ドコモ光】1分でわかるプロバイダーの選び方と申し込み・契約手順


まずは、ドコモ光の月額料金を確認しておきます。

 

ドコモ光の月額料金の確認


ドコモ光はどこから申し込んでも月額料金(基本料金)は同じです。

「あそこから申し込んだら他のところよりも月額料金が安くなった」といったことはありません。
※ドコモユーザーは契約内容に応じて月額料金の割引(月100円〜3,500円)が自動で適用されます。

ドコモ光にはタイプ分けがあって、「タイプA」、「タイプB」、「タイプC」、「単独プラン」があり、
一番総合的に安くて得もする「タイプAのGMO」を選びます。

理由を詳しく知りたい場合は、【ドコモ光】1分でわかるプロバイダーの選び方の「ドコモ光のプロバイダーの選び方」の部分を確認してください。

ドコモ光の月額料金


●月額料金:プロバイダー タイプA

【マンション(集合住宅)定額プラン】
月額4,000円(定期契約プラン)

【ファミリー(戸建て)定額プラン】
月額5,200円(定期契約プラン)

「定期契約プラン」とは2年自動更新型の契約です。この契約にすることで月額料金が大幅に安くなります。

注意点としては、2年目の契約満了月の翌月および翌々月以外の月でドコモ光を解約すると、【ファミリー(戸建て)定額プラン】は1万3,000円、【マンション(集合住宅)定額プラン】は8,000円の解約金が発生します。

ただし、この定期契約プランにせずに契約すると
【マンション(集合住宅)定額プラン】月額料金5,000円、
【ファミリー(戸建て)定額プラン】月額料金6,700円
と月額料金が高くなってしまう上にキャッシュバックももらえなくなるのでほぼ全ての人に定期契約プランをおすすめしています。



ドコモ光の月額料金 割引サービス


現在、大きく3つあります。
3つありますが、覚えなくていいです。条件に当てはまれば自動で割引は適用されます。

(1)ドコモ光セット割
割引サービスの基本。「パケットパック」契約者の月額料金が最大3500円割引される。(何もしなくても自動で適用)

(2)ドコモ光期間限定割引
「パケットパック」以外の契約プランで割引月500円を約12ヶ月間。(何もしなくても自動で適用)

(3)光★複数割
家族がドコモユーザーでドコモ光を複数契約したら月300円割引。(自動適用)

詳しく知らなくてもドコモ光を契約すれば自動で割引されるので、より詳しい内容を知りたい場合は、ページの最後のほうに
<他、ドコモ光の月額料金 自動割引サービスについて>
として記述しているのでそれを見てください。



失敗しない申し込み先の選び方


損しないためにまず知っておくべき申し込み先の選び方です。
プロバイダーである「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンホームページから申し込みます。

» GMOとくとくBBのドコモ光

なぜ、ここから申し込むのかというと、他にも申し込み先として
  • ドコモ光公式サイトからの申し込み
  • ドコモショップで申し込み
  • 家電量販店などからの申し込み
  • 販売代理店での申し込み
といった申し込み先が他にも4つほど選べるのですが、

「GMOとくとくBB」公式キャンペーンホームページから申し込まないとプロバイダーのキャンペーンが適用されないとなっているからです。

基本的にドコモ光に申し込む時には得するキャンペーンが大きく2つあり、
1つ目が「ドコモ光公式のキャンペーン」
もう一つが「プロバイダーのキャンペーン」

「GMOとくとくBB」公式キャンペーンホームページから申し込むことで「ドコモ光公式のキャンペーン」と「プロバイダーのキャンペーン」の両方が適用されます。つまり一番お得な申し込み先です。



ドコモ光・GMOのキャンペーンの確認


現在ドコモ光を申し込むことで適用できるキャンペーンの一覧です。

【ドコモ光の公式キャンペーン】

● 新規申し込みの工事費:最大1万8,000円が無料
2018年12月1日~2019年5月6日までのキャンペーン

● dポイント最大10,000ptプレゼント(ペア回線限定
※転用(フレッツ光からの乗り換え)の場合は、5,000pt。
「ドコモ光 単独タイプ」および「ドコモ光 ミニ」の新規の場合は10,000pt。

● ドコモ光更新ありがとう3,000ポイントプレゼント
定期契約プラン(ドコモ光を2年利用)を更新するたびにdポイント3,000ポイントプレゼント。
例:ドコモ光を利用2年目→3000pt(3000円相当)プレゼント。利用4年目→3000pt(3000円相当)プレゼント。同6年目…8年目…10年目……


【プロバイダーのキャンペーン】

GMOとくとくBBのドコモ光の現在のキャンペーンだと、

●「ドコモ光(2年定期契約プラン)」をお申込みの場合
「5,500円」キャッシュバックがもらえる

●「ドコモ光(2年定期契約プラン)」と「ドコモ光電話バリュー」をお申込みの場合
「1万5,000円」キャッシュバックがもらえる

GMOは、「他社徹底対抗宣言」というものをやっており、他のプロバイダーやドコモショップ、家電量販店などがGMOよりもお得なキャンペーンをやっていたら申し込みの段階で提示すればそのキャンペーンをGMOで適用できます。

例えば、他プロバイダーが「期間限定でドコモ光を申し込むだけ(有料オプションの加入など無し)という条件で1万4,000円のキャッシュバックをやっています!」というのを見つけた場合、
(1)他社名(2)キャッシュバック適用条件(3)キャッシュバック金額 をGMOへ申し込みの時に提示すれば、そのキャンペーンをGMOが同じ条件で適用します!!というものです。

実際にGMOに確認しました。「実際にそういったキャンペーンを申し込み時にお教えいただければGMOも同じ条件で適用させていただきます。」とのことでした。
もし見つけたら申し込みの時に提示しましょう。


● IPv6対応(V6プラス)の無線LANが無料
(V6プラス)とは、ドコモ光をさらに速くできる機器です。(通常の2倍くらいの速さ)



IPv6対応(V6プラス)の無線LAN(約1万円相当)がずっと無料で利用できます。

さらに、
速度保証
ドコモ光のインターネットスピードが100Mbpsを下回った場合、100円相当のGMOポイントをプレゼント。毎月の料金の支払いに使えます。


ほか、
● インターネット接続の無料出張サポート(1回)
インターネットの始め方、接続の仕方が「不安・苦手・分からない」といった人のために出張で接続設定しにきてくれるサービスが無料(1回)。

● インターネットセキュリティが1年間(12ヶ月間)無料
特には必要なし。(セキュリティソフトは無料のものでも十分なので。)

【PC(パソコン)の無料セキュリティソフトの例】
Windowsなら「Avast」。
Macなら「AVG アンチウイルス

【スマホ(スマートフォン)の無料セキュリティソフトの例】
iPhone(アイフォン)ならセキュリティは必要無し。必要ない設計になっています。
Android(アンドロイド)ならSophos(無料)。



※キャンペーンは突然変更されることがあります。最終的にはご自身で確認してください。




ドコモ光の申し込み・契約の手順(GMO)


<申し込み前に知っておく注意点
フレッツ光や光コラボ系は、NURO光auひかりと違って新規契約だと基本工事費がかかります。
転用(乗り換え)や元からフレッツ設備が入っている建物の場合、0円、2,000円、8,000円など工事費は通常よりも安くなります。

例として、ドコモ光を新規契約で入れた場合の工事費(工事料)は、
戸建・一軒家が、1万8,000円
マンション・集合住宅が、1万5,000円
一括で払うことも可能ですが、基本は分割払いで月300円くらいから毎月の支払い料金に上乗せで払うのでそんなに負担にはなりませんが工事費がかかってしまうのがドコモ光・他フレッツ系のデメリットです。

※現在、工事費無料キャンペーン中なのでドコモ光の工事料は0円です。(2019年5月6日まで)


【1】GMOの公式キャンペーンから申し込み


申し込みの手順は簡単です。本当に1、2分くらいで終わります。
GMOとくとくBBのドコモ光
※新規契約ではなく、フレッツ光からの乗り換え(転用)をする場合は、「転用手続きに必要な情報」を用意しておいてください。


申し込みは、ページにある「お申し込み」ボタンを押して、最初に出てくる3つの質問を答えて「申し込む」。

そして、必要な情報を入力して申し込みは完了。

必要な情報は、
  • 名前
  • 自分のドコモの電話番号(NTTドコモの契約電話番号)
  • 住所
  • ご連絡希望日時
など。

申し込み後、GMOから申し込みの確認の電話がきます。そこで申し込み内容を確認して完全に申し込みが完了です。

電話の内容は、
申し込み内容の確認・決定と、ドコモ光の工事日の予定の決め方についての説明です。

ここで、ドコモ光のオプションを付けるか付けないかも決めます。

<ドコモ光の有料オプション>

ドコモ光電話(月500円)
インターネット回線を使った安い家の電話回線です。

・ドコモ光電話バリュー(月1,500円)
ドコモ光電話にさらに6つの付加サービスが付いたサービスパックのようなもの。
本来は月2,200円相当のサービスが、月1,500円。

ドコモ光テレビオプション(月660円)
月額660円でアンテナ無しで地デジ・無料のBSが見られる。
追加オプションで「有料のBS」と「スカパー!」も見れる。

<スカパー月額料金>
https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/eizo_service/skyperfectv/
「スカパー!セレクト5」 2,223円/月
「スカパー!新基本パック」 3,790円/月
「スカパー!光パックHD」 4,152円/月
(※ドコモ光テレビオプション660円を含まない状態での月額料金です。)

ひかりTV for docomoもサービススタート。

ドコモ光のオプションは主に「電話」と「テレビ」です。
申し込みの時に付けたいオプションがあるか決めておきましょう。

ドコモ光とは別に「プロバイダーの有料オプション」もありますが、基本的にプロバイダーの有料オプションはどれもいらないです。


【申し込みの注意点】
自宅のインターネット固定回線の申し込みの時は、必ず申し込み内容確認・受付完了が「電話」で来ます。
これはどこから申し込んでも同じです。
メールではなく必ず「電話」で申し込み内容の確認が来ます。それがルールのようです。

なので、「ご連絡希望日時」で自分が電話に出られる時間帯を指定しておきましょう。


● ネット料金の支払いは基本、クレジットカードです。

クレジットカードを持っていない人が新しく作るなら
還元率の良い「楽天カード」が一番おすすめです。

他クレカと違って審査も早くて通ればすぐカード発行されます。



【2】GMOとドコモから書類などが郵送で届く


申し込み完了してから2日から1週間くらいでドコモ光の説明書・手順書のようなものが届きます。

GMOからは、プロバイダーのIDやパスワード。インターネット接続の書類など。
ドコモからは、ドコモ光回線のアクセスキーなど。

どちらもインターネットにつなぐ時や契約内容を確認・変更する時に必要な会員情報が書いてあるので大事に保管しておきましょう。


【3】工事前にできれば大家さんか管理会社に連絡


ドコモ光を入れようとしている家・部屋が賃貸物件なら所有者である大家さんか管理会社に一応ドコモ光の工事をするので
工事で壁に「ビス留め」「穴あけ」をしても大丈夫でしょうか?
と工事日よりも前に確認しておいたほうがいいです。

連絡・確認するのが面倒だという人はドコモ光の工事の時に工事業者の人に、
工事で壁に「ビス止め」「穴あけ」は無しでお願いします。
と伝えておけばいいのですが、
万が一ドコモ光を開通させるには建物の構造上「ビス止め」「穴あけ」をしないと工事できないとなった場合、大家さんか管理会社がOKを出していなければ勝手に工事をしてはいけません。
つまりドコモ光の開通工事ができません。

だからできれば、大家さんまたは管理会社に「ビス留め」「穴あけ」がOKかNGか工事日前に確認しておいたほうがよいです。


【4】無料のV6プラス対応Wi-Fiルーターを申し込み


GMOとくとくBBのキャンペーンで「1万円相当のV6プラス対応Wi-Fiルーター」がずっと無料でレンタルできるようになっていますが、これはドコモ光に申し込んだだけ送られてくるわけではなく、
自分でWi-Fiルーターレンタルサービスを申し込まないと送られてきません。

Wi-Fiルーターレンタルサービスの申し込み方

無料で使えるうえにドコモ光の速度を2倍くらい速くできるものです。
申し込まないと損です。
ドコモ光の工事前に申し込んでも大丈夫です。

Wi-Fiルーターレンタルサービスの申し込み方(動画編)


V6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルサービスに申し込むと、ドコモ光の開通確認後、だいたい1週間くらいで送られてきます。


【5】ドコモ光の開通完了。利用開始。


事前にインターネットの接続の説明書が送られてきているはずなのでそれをみて設定すればドコモ光が使えるようになります。

はじめてのインターネット接続設定「ドコモ光」編 | 1分でわかる簡単設定


接続の仕方はものすごく簡単なのですが、どうしてもインターネットの接続の仕方がわからない・苦手という場合は、
インターネット接続設定パック(出張サポート)
で代わりに接続してもらいましょう。
7,400円となっていますが、キャンペーンで無料クーポンがもらえるので1回無料(7,400円が無料)になっています。


V6プラス対応Wi-Fiルーターの場合は、つなげてスイッチを入れれば自動でつながります。
(Youtube動画)Wi-Fiルーター(BUFFALO WXR-1750DHP2)


V6プラスが機能しているかを確認する時は、
http://v6v4.net/
ここで確認できます。
「IPv4 IPv6 両方で通信しています」と表示されていればV6プラスでネットできています。


<キャッシュバックの受け取りについて>
ドコモ光回線の工事完了の翌月末日までにGMOとくとくBBの指定の方法で「キャッシュバック受け取り手続き」をしましょう。



<他、ドコモ光の月額料金 自動割引サービスについて>

(1)ドコモ光セット割(自動適用)

「パケットパック」を契約していれば「ドコモ光セット割」が適用されます。
※「ドコモ光セット割」はドコモ光を始めた時点で何もしなくても自動で割引が適用されます

割引できる対象の契約は、

<家族利用>
ベーシックシェアパック
ウルトラシェアパック

ドコモ光セット割 家族パケットパック


<個人利用>
ベーシックパック
ウルトラパック
ケータイパック

ドコモ光セット割 個人パケットパック
※ケータイパックだけ割引期間は最大1年間<工事完了月(日割り)+11か月>


ドコモユーザーで「パケットパック」利用者なら
「ドコモ光セット割」と「ずっとドコモ割プラス」の2つが適用可能。

「ドコモ光セット割」がドコモ光を契約することで受けられる割引サービス。
ずっとドコモ割プラス」は自分で申し込むことで適用される。

ずっとドコモ割プラス」は「パケットパック」を契約していれば受けられるサービスで、「料金割引」よりも「dポイントでもらう」のほうが1.2倍の額もらえるのでそっちを選んだほうが得です。


(2)ドコモ光期間限定割引(自動適用)

「パケットパック」以外の普通の契約プランで毎月500円割引。
約12ヶ月間の割引:利用開始月(日割)+11か月間
対象プラン:Xi総合プラン、Xiデータ通信専用プラン、FOMA総合プラン、FOMA従量データプラン/FOMA定額データプラン、料金プラン(らくらくパック、データSパック、ケータイパック、パケットパックなし)


(3)光★複数割(自動適用)

家族がドコモユーザー(同一シェアグループ)で離れた家族がそれぞれドコモ光を複数契約したら2回線目以降ドコモ光が毎月300円割引。



以上が、
ドコモ光の中で一番速くてお得なGMOでの始め方(注意点と申し込み・契約の手順)です。




他のインターネット固定回線からの乗り換えの場合は、ドコモ光が開通完了してから旧契約ネット回線の解約をするようにしましょう。

申し込んでも万が一ドコモ光が入れられない建物だった場合、現在使用中のインターネット固定回線を先に解約してしまうと自宅のインターネットが無い状態になってしまうので。


<関連コンテンツ記事>

【おすすめ第1候補】最初に検討すべき固定回線(光回線)
» インターネットを20倍ほど速くして月額料金も安くできるNURO光の話

【おすすめ第2候補】安くて品質も良い光インターネット(光回線)を選ぶなら
» 【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順

【おすすめ第3候補】全国対応で光回線の基本。一番手軽に早く使える光回線
» 【フレッツ光・光コラボ】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順




関連記事


テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用


Comments

Leave a Comment


Body


ランキング
調整中
RSSリンク
にほんブログ村 ネットブログへ

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。

運営者情報


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


運営者プロフィール:イワト調査員
元デザイナー。現在、データストラテジスト(通称:データ屋)。

元々はCG・VFX関連映像畑出身。大手企業のインハウスデザイナーを経て、成行きで広告デザイン関連のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)になり日本トップを維持し続けていたが、超えるべき上がいなくて飽きたのとそもそも賞金額が少なかったので馬鹿馬鹿しくなり賞金稼ぎを辞め、現在はそのスキルを自分のために使ってまったりお仕事をしている。
経歴が中二病みたいなのが悩み。


ブログで提供している情報の品質・伝達能力はどちらかといえば高いほう。みんな(大手企業・メディアも一部含む)が結構参考にしていくので。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。