メモゴト・プレス

データ屋のイワトが気になるものを分かりやすくしてメモしておく「分かるブログ」

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

反応が悪いスマホペン(100均タッチペン)を使えるようにする方法
意外と知らない楽天や楽天トラベルでさらにもうちょい安く買える方法
【賢い引越し術】引っ越し先のインターネットの失敗しない選び方
macで使ってはいけない動画プレイヤー3つとおすすめ動画プレイヤー2つ
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

Adobe Creative Cloud 12ヶ月版を超お得価格で賢く購入する方法



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の賢い買い方

通常、Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は月額5000円で20以上のプロ用のソフトウェア群(アプリ群)が使えるサービスですが、

これをよりお得な状態でさらに半額くらいの価格で買う正規の方法です。


ちなみにアドビは月額5000円で使い放題と謳っていますが、厳密にいうと月額5000円にするには条件として「12ヶ月間は支払い続ける」ということになっています。
本当の月額払いにすると月額8000円です。

12ヶ月は契約し続けることを条件にすることで月額8000円が月額5000円としてより安く使うことができるのですが、
12ヶ月契約し続けることが決まっているのなら一括で払っても一緒ですよね。
5000円 × 12ヶ月 = 6万円

この一括払いの買い方が、「Adobe Creative Cloud 12か月版」としてプリペイド式で売られています。

学生は学割価格として半額以下で買えます。これがもっとも格安で買える方法。
学生なら「学生・教職員個人版」の購入が一番お得。中身も通常版と同じです。
Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド) |学生・教職員個人版
月額で計算すると約2000円。


そして、ここからがAdobe CCの賢い買い方。

Adobe Creative Cloudの賢い買い方


学生ではなく、一般の大人は当然、学割価格では買えません。
ですので、Adobe Creative Cloud 12か月版は通常6万円なのですが、
「動画講座とAdobe Creative Cloud 12ヶ月版のセット」を買うことでまとめておよそ半額で買える場合があります。

デメリット(欠点)や面倒くさいこともありません。普通に買うだけです。しかも動画講座がセットです。

それがAdobe認定パートナー校の通信講座です。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

アドビ、Adobe CC価格を値上げするってよ!その前に賢く購入しよう



アドビ価格について

Adobe(アドビ)が公式ブログにて「Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)」とその他ソフト群の価格改定を発表しました。

「Adobe Creative Cloud」
(最強のクリエイティブソフト・アプリが全て使い放題サービス)

「Adobe Document Cloud」
(PDF書類・電子書類の作成編集ソフト・アプリが使えるサービス)

「Adobe Captivate」
(何これ)

の価格を2019年 2⽉初旬あたりに改定をするらしいです。
つまり一般的に知られているアドビソフト群ほぼ全部ですね。
※「Adobe Captivate」はネット上での学習コンテンツを作るソフト群のようです。学校の先生とか塾の先生に魅力的なものなのかな?

価格改定に関するお知らせ:Adobe Blog

なので、将来買うかもしれないという人は早めに買いだめしておいたほうがいいかもしれません。

学生なら学割価格で1年間ライセンスが2万4,000円で買える
» Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド) |学生・教職員個人版
学生版は36ヶ月分(3年分)まで買えるのでお金があるという人は買いだめしておくのをおすすめします。
3年で6万8,000円です。まとめ買いならさらに4000円くらい安い。


学生じゃなくて一般の人なら定価6万円では買わずにアドビスクールパートナー経由で約3万円で購入できます。
デメリットも面倒くささもありません。詳しくは、
» Adobe Creative Cloud 12ヶ月版を超お得価格で安く購入する方法


ただ、今回の価格改定に関してですが個別のソフト1個1個の値段がどうなるかは分かりません。
要するにソフト一つ一つではなくパッケージ(全部入り)の価格が改定されるとあるので。


それと、2019年 2⽉初旬に
「価格改定」と発表しているので「値上げ」するとは確定していないようです。
価格が変わるという発表なのでもしかしたら「値下げ」になるのかもしれません。

しかし、発表を簡単に説明すると
「アドビの AI 技術、超すごいでしょ!」
「AR(拡張現実)分野でもすごいの出します」
「iPadでの使いやすさハンパないでしょ!」
「フォントのライセンスの自由度もさらに拡大!」
的なことを言ってるので、これでさらに値下げという可能性はちょっと低いのかなと思います。(値下げしたらかなりすごいですけど。)

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

Adobe CC(アドビ クリエイティブクラウド)を格安価格で購入する方法と注意点



Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の買い方


Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)は月額料金5,000円でアドビのソフトが全部使えるというかなりお得なものです。

プロが使っている写真加工ソフトも、イラストを描くソフトも、雑誌を作るソフトも、ハリウッドで使われている映像ソフトもその他もろもろプロ御用達のAdobeソフトが全部使い放題

全部使えるうえに利用者にとっては重要な「自分のパソコン環境に合わせて好きなバージョンを入れられる。」
そして一つのAdobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)の契約だけでインストールは2台まで入れられます。(※つまり家にあるデスクトップパソコンと外出用のノートパソコンの合計2台に入れるなど。)

ですが、
月額5,000円ということは、
一年間で6万円です。


そう考えると高い


ということで
格安価格で購入する方法と注意点を教えておきます。


【先に結論】
最後までこの記事を読むのが面倒だという人のために最初に簡単な結論だけ書いておきます。理由や手順は記事を読んでいけば分かります。

Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)は、

Amazon

Adobe認定パートナー

のどちらか安いほうで買う。
学生ならAmazon(アマゾン)で「学生・教職員個人版」を購入。
学生ではない人はAdobe認定パートナー校で「通信講座と学生・教職員個人版」のセットを購入。といった感じ。

「Photoshop(フォトショップ)」か「Lightroom(ライトルーム)」が使えればいい人は、Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)ではなく、
Adobe フォトプラン(Photoshop+Lightroom)
をAmazon(アマゾン)で購入。こちらのほうが圧倒的に安い。

マンガを描く目的の人はAdobeのソフト(アプリ)ではなく、
CLIP STUDIO PAINT EX
のほうが総合的に安くて使いやすい。マンガ制作ならまずはこっちを先に買うべき。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

Adobe(アドビ)が提案する近未来のクリエイティブの動画がなかなかヤバい!



adobe-microsoft

Adobe(アドビ)がmicrosoft(マイクロソフト)のデバイスを使って近い将来こんなことができるであろうという動画を公開しています。

要するにパソコンをはじめ、スマホやタブレットを使った指でのタッチなどを利用して今よりももっと直感的にクリエイティブなことができるようになるというのを動画で提案しています。


「あぁ、まぁ近い将来そうなるだろうね」というものから「そうきたか!」という目から鱗な未来も表現されています。一度ご覧あれ。


【続きを読む】

テーマ : 動画紹介    ジャンル : その他

【会社・SOHO】Adobe Acrobatが欲しければスキャナーを買えばいいじゃないという話



BCNという家電の人気ランキングや売上ランキング等を発表しているところで「ScanSnap」というスキャナーが4年連続BCN AWARDを受賞した快挙を記念して「ScanSnap」にAdobe Acrobatを付けた特別モデル2つを限定で売り出し中とのことです。

富士通 ScanSnap S1100 Deluxe Adobe Acrobat XI Standard 同梱 【限定生産モデル】 FI-S1100-DSP 富士通 ScanSnap S1300i Deluxe Adobe Acrobat XI Standard 同梱 【限定生産モデル】 FI-S1300A-DSP


簡単にいうと、
約2万円か、約3万円のスキャナーを買うと、約3万3,000円の「Adobe Acrobat XI Standard」が一緒に付いてくる。

逆で言うと、
約3万3,000円の「Adobe Acrobat XI Standard」を約2万円か、約3万円で買えてさらにスキャナーが無料で付いてくる。

みたいな感じです。


おかしいでしょ?結局約3万3,000円分が無料で付いてくるっていう変な現象。


【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

「地下鉄で流れてたAdobe(アドビ)のCMがまた見たい」ということなので…



adobemarketingcloud_03

どうやら地下鉄かどっかでAdobeがCMを流していたらしく、
そのCMを見たくてウチのブログに迷い込んでくる人が増えているのでそのCM3つをご紹介しておきます。



【続きを読む】

テーマ : マーケティング    ジャンル : ビジネス

【2013年】Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)購入基地





Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)を効率よく・賢く・安く買うために各価格を確認しやすくした購入基地です。チェックしやすいようにしておきました。



ここの記事はすでに情報が古いものとなっており使えない情報です。(※プリペイドカード3ヶ月版などは現在販売されておりません。)

現在(2017年10月時点)、使える情報記事はこちらです。
Adobe CC(アドビ クリエイティブクラウド)を格安価格で購入する方法と注意点



買い方は大きく二つで
アドビストアから直接サービスに加入する 月払い方式(クレジットカードが必要)』と
プリペイドカードを購入して利用する方法(一定期間分 前払い方式)』があります。

どちらでも値段がそんなに変わらない時は『プリペイドカード』の方を選んだほうが良いです。

その理由はこちらの記事に書いておきました。
【プリペイドカード3ヶ月版購入が賢い理由】
「Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)、結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。」

※学生の場合は「学生版の12ヶ月版」を購入したほうが得です。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

【Adobe警戒情報】Adobeソフトのパッケージ版が無くなる可能性。



Adobe Photoshop CS6 Windows版Adobe Illustrator CS6 Windows版Adobe Creative Suite 6 Design & Web Premium Windows版Adobe Creative Suite 6 Master Collection Windows版

Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)を買う予定の人はこちらから
Adobe CC(アドビ クリエイティブ クラウド)。結局どうすれば一番得になるのかをまとめました。

【2013年3月初旬時点情報】

最初に情報を見かけたのは2月28日ですが、PCソフトを扱っている小売店あたりからAdobeのCS6ソフトが「もう入荷予定が無いので在庫限り」という情報を目にしました。

追加情報(3月末の公式発表)
パッケージ販売のCreative Suiteの注文受付は2013年4月30日までとのこと。(※現段階では通常版とアップグレード版が対象。)


この時点ではただその小売店の都合かと思っていたのですが、

【続きを読む】

テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース

Adobe(アドビ)の新しく開始したサービスのCMがフランク過ぎるんだが…。



adobemarketing_01Adobe Systems(アドビ システムズ)が、企業のマーケティング・戦略などの包括的ソリューションとして提供する「Adobe Marketing Cloud」という製品を発表したんです。

でも、Adobe(アドビ)ってデザインだったり映像だったりクリエイティブ関連のソフトウェアを開発・販売する世界的にメジャーな会社だけどマーケティングって畑違いの「ビジネスの計画・戦略」?

まぁ、元々前身のソフトウェア群があるらしいけどよくは知りません。

なんとなく失敗しそうな匂いがするんですが、とりあえずそのAdobe Marketing CloudのCMが結構フランクなのでご覧ください。


赤ちゃんなどが出てくる新作CM3つはこちらから
» 「地下鉄で流れてたAdobe(アドビ)のCMがまた見たい」ということなので…

【続きを読む】

テーマ : 気になるニュース    ジャンル : ニュース

【緊急拡散!】Adobe Creative Cloudが月1900円くらいでいけるっぽいという秘密。



Adobe Creative Cloud 12ヶ月版 [ダウンロードカード]
このキャンペーンは終了しております
現在、Adobeのソフトが1年契約で全部使い放題になるサービス「Adobe Creative Cloud」がかなり叩き売りみたいな価格になっているのでお知らせしておきます。

対象はAdobeのソフトをアップグレードしようか迷っている人。
すでにCS3〜CS6を持っている人ですね。



今、2つのキャンペーンを併用することで実質月額1,890円くらいで買えるっぽいです
(通常は月々5,000円。アップグレードユーザーはキャンペーン中で月々3,000円

ちなみにパッケージソフトのアップグレード版の早見表はこちら
» Adobeソフトのアップグレード早見表(単体ソフト編)
» Adobeソフトのアップグレード早見表(セットパッケージ編)

【続きを読む】

テーマ : ソフトウェア    ジャンル : コンピュータ


amazon(アマゾン)での購入の裏技・裏テクニック
【買う前にチェックする】
» Amazon(アマゾン)でより安く買うための裏技の数々

» 現在、Amazon(アマゾン)で開催中の特集・セール一覧


ランキング
調整中
RSSリンク
にほんブログ村 ネットブログへ

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。

運営者情報


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


運営者プロフィール:イワト調査員
元デザイナー。現在、データストラテジスト(通称:データ屋)。

元々はCG・VFX関連映像畑出身。大手企業のインハウスデザイナーを経て、成行きで広告デザイン関連のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)になり日本トップを維持してきたが、超えるべき上がいなくて飽きたのとそもそも賞金額が少なかったので馬鹿馬鹿しくなり賞金稼ぎを辞め、現在はそのスキルを自分のために使ってまったりお仕事をしている。
経歴が中二病みたいなのが悩み。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。