メモゴト・プレス

データ屋が厳選してお届けするゆるふわ情報セレクトブログ(特に光回線系は強め)

 
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12

反応が悪いスマホペン(100均タッチペン)を使えるようにする方法
一台のピアノでここまでできるの!?ピアノの進化型演奏法
【賢い引越し術】引っ越し先のインターネットの失敗しない選び方
macで使ってはいけない動画プレイヤー3つとおすすめ動画プレイヤー2つ
【必見】子どものぐずり泣きに効果抜群の魔法の動画「ふかふかかふかのうた」
なぜ放送中止になるのか理解できない東京ガスの素晴らしいCM「母からのエール」
22歳の学生が作ったCGアニメがスゴ過ぎて笑えないレベルな件

ソフトバンク光の申し込み前に必ず確認しておく注意点5つと申込手順



softbank光の申し込み方法

ソフトバンクユーザーでなくても誰でも申し込めるソフトバンク光。

料金的にも安いので申し込もうと検討している方のために、
「申し込む前に必ず確認しておく注意点リストと申し込みの手順」を用意しておきました。

これを知らずに申し込むと損してしまうのでしっかりチェックしていただければ幸いです。


まず、
ソフトバンク光の月額料金。高い?安い?の確認


ソフトバンク光の月額料金

・集合住宅(マンション・アパートなど)
月額3,800円(税込4,104円)

・一軒家・一戸建て(ファミリータイプ)
月額5,200円(税込5,616円)

どこから申し込もうともこの料金です。これより安い・高いとかは無いです。

月額料金でいったら、他の光コラボ・フレッツ光・auひかりなどと比べて料金は安め。集合住宅は平均より300円くらい安いです。



ちなみにこちらがauひかりの料金例:
<auひかり>
・マンションならだいたい3,400円〜5,000円の間。
平均で4,100円前後。
(住宅の環境で月額料金は自動で決定します。)

・一戸建て(一軒家)ならだいたい5,200円〜4,900円。
(ホームプランでおすすめは3年単位契約の「ずっとギガ得プラン」)

【auひかり】失敗しないための選び方&スムーズな申し込み手順より

auひかりが申し込める人はソフトバンク光よりもauひかりのほうがおすすめです。auひかりのほうがインターネット品質は良くてより快適です。


料金的には、ソフトバンク光はおすすめのインターネット回線ですが、
まず、申し込む前に必ず確認しておくべき注意点があります。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

エヌズカンパニー経由でのソフトバンク光 申し込み手順と注意点



エヌズカンパニー ソフトバンク光トップ画面


フレッツ光(ソフトバンク光)の申し込み手順

ここでは安心の優良な正規販売代理店「エヌズカンパニー」からソフトバンク光を申し込む時の手順・コツや注意点などを解説しておきます。

ソフトバンク光(エヌズカンパニー経由)

前回記事;
» 【フレッツ光・光コラボ】失敗しないための選び方&申し込み手順

» ソフトバンク光の申し込み前に必ず確認しておく注意点5つと申込手順


<正規販売代理店エヌズカンパニーで申し込んだほうがいい理由>
理由はいくつかありますが、評判がトップクラスで良く全体的にお客さんが損しないような良心的な条件でキャンペーンを行っている点です。

他のところと違って毎月の料金が高額になる有料オプション込みの契約などをする必要なく高額キャッシュバック金額がもらえるという良心的な点。

そして、キャッシュバックは「ソフトバンク光が開通、サービス利用を確認後すぐ申請」と他と違って「もらい忘れをねらった罠」なども無い。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ

遅いソフトバンク光を速くするv6プラスの始め方メモ



softbank光v6プラス.jpg
http://ybb.softbank.jp/

ソフトバンク光を家に入れてみたけどなぜか遅い。
いろいろ設定を見直しても、SoftBank光の問い合わせ窓口で聞いてみても、全然改善しない。
という不運な人のためにソフトバンク光を根本的に速くする手順メモを公開しておきます。

この方法を実行するには、
月額467円(税込504円)の有料オプション「光BBユニットレンタル」
が必要です。
この有料オプションに加入していない人は加入する必要があります。

すでにこのオプションに加入していて光BBユニットをすでに使っている人はそのまま「接続方式変更のお申し込み」でIPv6というものにすることでソフトバンク光を速くすることができます。
(※おうち割を適用している人はセットオプションの中に光BBユニットが入っています。)



まず、
ソフトバンク光の回線状況を確認

My Softbank(お客様専用ページ)
に入ります。(SoftBank光の会員ページにログインします)

お客様専用ページにログインしたら、メニューの中の「お客様情報」をクリック。
そうすると「ご契約情報」というのが見れます。

その中で「お申し込みサービス」というところが、
「IPv4 PPPoE」
となっているはずです。

これを
「IPv6 IPoE+IPv4」
というものにすることでソフトバンク光を速くします。

IPv4というネットの通常利用にIPv6というネットの裏道も同時利用できるようにすることから
これを通称「V6プラス」と言います。
これにすることで基本的に速くなります。
※正確には「IPv6 IPoE + IPv4 ハイブリッドサービス」と言いますが、V6プラスのほうが覚えやすいので。

【続きを読む】

テーマ : 実用・役に立つ話    ジャンル : 趣味・実用

ソフトバンク光の「おうち割 光セット」の簡単説明と注意点メモ



softbank光 おうち割 光セット

前記事:
ソフトバンク光の申し込み前に必ず確認しておく注意点5つと申込手順


【おうち割 光セット】
ソフトバンク光は、
携帯電話・スマホ・タブレットがソフトバンク利用者ならさらに「おうち割 光セット」という割引が適用できます。

ソフトバンクユーザー1人あたり、月1,000円割引か500円割引です。

しかし、
「ソフトバンク光」で「おうち割」をするには条件があり、
こっそりと小さく
光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのいずれかのご加入が必要になります。
と書かれています。

つまり、
(1)光BBユニット
(2)Wi-Fiマルチパック
(3)ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォンのうちどれか1つ
合計3つの有料オプションに加入しないとおうち割の割引は適用できません

ということです。


このオプション。どういうものかというと、

「光BBユニット」
これが3つのオプションの内のメインになるもの。
何かというと「無線LANルーター」と「光電話」を使えるようにする機器みたいなものです。
※「無線LANルーター」とはスマホやタブレットでもWi-Fiでソフトバンク光を使えるようにするもの。
しかし、これだけでは意味がありません。


「Wi-Fiマルチパック」
これが光BBユニットの無線LANルーター機能を使えるようにするサービスです。
つまり、「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」の2つのオプションに加入することでWi-Fiを使えるようになります。

姑息ですねw。他なら無線LANルーターレンタルはオプション1つですが、ソフトバンクは2つのオプションに加入しないと使えないという。

そして、
「ホワイト光電話 | 光電話(N)+BBフォン | BBフォン」
この3つの全てが電話機能サービスです。3つのうちのどれかを選びます。
光電話は有料ですが、BBフォンは無料のオプションです。

このオプションも「光BBユニット」の電話機能を使えるようにするオプションサービス。


つまりこの「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン」の3つの有料オプションに申し込むことによって
無線LANルーター(Wi-Fi)と固定電話が使えるようになります。


あって困るような機能ではないですね。あると便利な機能。

» SoftBank 光(光回線) オプションサービス一覧


では、その有料オプションちょっと計算してみましょう。

【続きを読む】

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報    ジャンル : ライフ



ランキング
調整中
RSSリンク
にほんブログ村 ネットブログへ

メモゴトプレス概要(ブログ概要):
当ブログはクリエイティブ関連のニュースやネタ情報・使える情報などを紹介するブログです。

運営者情報


» お問合せ:広告掲載のご依頼について


運営者プロフィール:イワト調査員
元デザイナー。現在、データストラテジスト(通称:データ屋)。

元々はCG・VFX関連映像畑出身。大手企業のインハウスデザイナーを経て、成行きで広告デザイン関連のバウンティーハンター(賞金稼ぎ)になり日本トップを維持し続けていたが、超えるべき上がいなくて飽きたのとそもそも賞金額が少なかったので馬鹿馬鹿しくなり賞金稼ぎを辞め、現在はそのスキルを自分のために使ってまったりお仕事をしている。
経歴が中二病みたいなのが悩み。


ブログで提供している情報の品質・伝達能力はどちらかといえば高いほう。みんな(大手企業・メディアも一部含む)が結構参考にしていくので。


免責事項:
当ブログの内容は、必ずしも正当性・正確性を保証するものではございません。リンク先の情報も正当性・正確性を保証するものではございません。このブログを介してなんらかの損害を負った場合にも当管理者は一切の責任を負いません。
なお、使用している著作物・版権物の知的所有権はそれぞれの著作者様・団体様に帰属しております。著作権や肖像権に関する問題が発生しましたら御連絡下さい。著作権所有者様からのご依頼のみ身元確認の後、対応させていただきます。